スタッフブログ

浮気調査等で探偵にご相談を検討されている方はすでにご存知かと思いますが、昨今、浮気や不倫の調査に関して「完全成功報酬制」をうたっている探偵社や興信所はたくさんあります。

この「完全成功報酬制」ですが、一見すれば依頼者の利益を最優先に考えて作られた素晴らしい料金システムに思えますよね。

「完全成功報酬制」と聞けば、誰だって
「浮気の証拠が取れた時に探偵に費用を支払えばいい」
「逆に浮気の証拠が取れなければ、1円も費用がかからない」
と思うのが普通の感覚じゃないでしょうか?

しかし、よく考えてみてください。

調査を実施するということは、必ず人件費等の経費がかかります。
それこそ、その探偵社または興信所の代表が一人で調査するというなら話は別ですよ。
でも、調査員一人なんて余程の事がない限り、ロクな証拠は取れませんし、どんなベテラン調査員でも一人でできることには限界があるのです。

ということは、本気で調査をするのであれば、少なからず複数の調査員を現場に投入する必要があります。

また、ほとんどの浮気調査の場合、開始時間がわかっていても終了時間が全く読めません。
ですので、調査員には次の日も含めて体を空けておいてもらったり、複数の交代要員を待機させる等いたしますので、時間単価もそれなりに高額になります。

さらに、調査中は何が起こるかわかりません。

対象者が電車やバスで移動することもあれば、徒歩尾行中にいきなりタクシーに乗ることもありますし、有料道路を使って他府県にまで移動する事だってざらにあるわけです。

他にも経費がかかる場面というのはいくらでもありますし、もっと言うと事務所経費や機材導入費、宣伝広告費など事業を経営していく上で必要な経費も存在します。
「完全成功報酬制」だと、例えば対象者と不倫相手が接触する可能性が高いと思って出動したのに、たまたまその日は会わなかったときの張り込みや尾行はボランティアですw

この経費をすべて探偵社で負担できますかね?
いつ取れるともわからない証拠を延々と追い続けて、その間一切の収入もないわけです。
僕は正直無理があると思います。いや、絶対無理です。笑

ですので、浮気の証拠が取れなければ0円という「完全成功報酬制」は相当高いハードルの条件をクリアしない限り請け負うことが不可能ですし、何かしらのカラクリにより採算を合わせているというのがご理解いただけるかと思います。

それこそ、浮気をしているのがほぼ確実で、なおかつその頻度が毎日か最低でも週に3日から4日は泊りで密会しているなど、短期間で証拠が取れる確信がないと実施できるものではありません。

もし、今あなたが「完全成功報酬制」で探偵社または興信所に依頼しようと考えているなら、面談や契約の場面で、担当者が嫌がるぐらい質問攻めにしてみましょう。

おそらくですが、最終的には通常の時間制で契約するより、「完全成功報酬制」で契約する方が高い料金を支払うことになるはずです。

もちろん、「完全成功報酬制」をうたっている全ての探偵社が契約上あるいは心理上のカラクリによって依頼者に対し高額な報酬を請求しているわけではないですが、浮気調査に関して「完全成功報酬」で契約されるなら、よく確認してから契約することをお勧めいたします。

次回、実際に起こったトラブル事例を見ていきましょう。

 

登録業者名簿

この4月より貝塚市の登録業者となりました。
探偵社としては非常に珍しいと思います。

きっかけとなったのが、昨年の12月7日に水戸市議会臨時庁舎の議員控室に盗聴器が仕掛けられていたというニュース。
盗聴器探索というのは紛れもない探偵業務にあたり、万が一、地方公共団体からの依頼があった場合にも弊所として対応できるよう登録しておくことになりました。

また最近になって、厚生労働省が生活保護受給者のパチンコや競馬等のギャンブルに消費している事例や自治体の指導状況、所得の申告漏れ、不正受給などの実態調査に乗り出したようです。
実態調査といっても実際に調査するのは厚生労働省の職員ではなく、各自治体の福祉事務所の職員が生活保護法に従って調査をするんでしょうけど。

いずれにせよ、我々の税金を投入して調査するわけですから、民間に委託できるものは民間に請け負わせるべきだと考えています。
将来的に調査業務自体を外部委託する可能性もありますので、そうなれば探偵の腕の見せ所ですよね。
社会貢献にもつながりますし、探偵は浮気調査だけじゃないというところを見せたいのが本音です。

もちろん、事務所がある泉佐野市にも登録しようとしましたが、期限に間に合いませんでした。。。笑
また来年チャレンジしてみます。

では、また。

 

先日、とある浮気調査にて、依頼者様から浮気現場を自分の目で見て、その場でパートーナーと浮気相手とお話しをしたいという依頼がありました。

今回はその時の調査時のお話をさせていただきたいと思います。

調査当日、対象者が浮気相手とホテルに入ったのを確認した後、依頼者様に連絡し、現地にて対象者が出てくるまで待つことに、朝になりいつ出てくるかという緊張感の中、ついにその時が。

ホテルから対象者と浮気相手が出てくるのを確認したため、急いで車から降り、対象者と浮気相手の二人に近づき声をかけました。
もちろん対象者も、浮気相手も、こちらがだれかわからないため、頭の上に???が出ているような状態です。
そこで、自分たちは探偵だということ、そして、車の中にパートーナーが乗っていて、話がしたいと言っているということを伝えました。

一瞬状況が理解できなかったようですが、少しの間が空いた後、観念したような顔で、対象者の口から「わかった」と言葉がでました。
浮気相手の方はというと、すでに顔面蒼白で震えているような状態でした。

調査車両に浮気相手を乗せ、対象者と依頼者様に対象者の車に乗ってもらい、近くのファミレスへ・・・

我々と依頼者様が同席に座り、対象者と浮気相手が向かいの席に座る形で、話し合いが始まりました。

今回、依頼者様は離婚を望んではおらず、浮気をやめさせたいということと、浮気相手への慰謝料請求をしたいということでしたので、その旨を依頼者様が相手側に伝えたところ、言い逃れもできるわけもなく、対象者、浮気相手共に、ただうなずくしかできないというような状況でした。
特に浮気相手の方は、泣きじゃくり、申し訳ないと謝っていました。

その話の内容を録音し、後日当事務所にて代表(行政書士)が示談書等を作成することに。

今回のようなケースは、我々もあまり経験がなかったのですが、依頼者様の希望どうりの結果につながり、依頼者様のお役に立ててよかったと思います。

 

皆様、新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。—RS総合探偵事務所スタッフ一同-

さて、新年一発目の更新です。
昨年の浮気調査のご相談をいただいた中での事例です。

和泉市にお住いの奥さんからのご相談だったんですが、旦那が浮気していて浮気調査をやってみたいというんですね。
で、こちらとしては、もちろん旦那さんの情報もヒアリングはするんですけど、その前にまず、「なぜ浮気が疑われるのか?」を聞くんですよ。

「旦那が浮気している」と思った動機は何ですか?ということです。

すると、その奥さん、なんと!1ヶ月程前に自分でラブホテルの現場押さえたっていうんです。
友だちに協力してもらって、スマホで写真も撮っているんです。

しかも、旦那さんと浮気相手が車に戻ってきたところを突撃しているわけですよ。笑
さらに、その浮気相手の女性を車の中に拉致ってですね、住所やら名前やらも聞き出しているんです。
すべて録音も取っていますしね。

これ・・・もう証拠ありますやんっていう話なんですよ。

でも、その奥さんが言うには、突撃した後にその浮気相手の女性と話をして、もう二度と旦那さんと会わないという約束をさせているんですが、どうやらまだ密会しているらしんですよね。
ただ、一度突撃しちゃってるんで、警戒心が半端ないと。
さすがにこの状況で、素人では密会している現場を押さえられないというわけです。

で、旦那さんはというとですね、それ以来、言葉の暴力がひどいらしく、「出ていけ!」とか「離婚せぇ!」ってことを毎日のように言ってくるんですって。
まだ幼い子供さんもおられましたし、旦那さんが怒鳴り出すと泣くわけですよ。毎日そういう状態が続いていると。

そこで、奥さんとしては離婚する気があるのかないのかという話になりますよね。
じゃあ「離婚する気はある」というんですが、少し事情がありまして、、、長男の嫁なんですよ。
二世帯で暮らしていると。
さらに、旦那さんの親は完全に息子がかわいいもんで、この事実を話しても、真剣に取り合ってくれないどころか、なぜか奥さんが責められるといった状態。
さらにさらに、奥さん側の両親はすでに他界していて、兄弟姉妹もいないので、頼るところもないという状況。

確かに普通の浮気された奥さんと比較して、身寄りがいないというのは状況的には厳しいと思います。

ただ、これはもう浮気調査やる意味ないですよね、絶対。笑
だって証拠あるじゃないですか?普通に。浮気相手も認めているわけですよ。
なんならその録音の中で、金額の提示まではしていないものの、慰謝料としていくらかの金銭は支払う意思があるってことも明言しているんですよね。

で、奥さんとしては、現状すぐに生活環境を変えることができないということと、正直ね、旦那さんが怖いんですよ。
ラブホテルまで突撃したにもかかわらず、その毎日のように続く旦那さんの脅しに耐えかねているんです。
「しばくぞ!はよ出ていけ!」とか「絶対慰謝料とか請求すんな!」ってすごい剣幕で怒鳴り散らされてるんですよね。

だから現状では慰謝料請求できないが、今後のためにできるだけの証拠を集めておきたいというわけですよ。。。
また、よくおっしゃっていたのが「〇〇だったら、もっと〇〇できたのに」とか「〇〇があれば〇〇していた」とか。

いやいや、今でも十分慰謝料の請求は可能だし、旦那さんに対して離婚の条件であるとかね、有利に話を進めれる状況にはあるわけです。
万が一、旦那さんに暴力でも振るわれようもんなら、それはそれで別件の話になってきますし。

ですので、浮気調査に関してはこれ以上やる意味がないのでお断りはしたんですが。。

これねー、こちらからすると、何をするにしてもできない理由を探しているように見えるんです。
確かにその奥さんの状況は辛いものがありますよ。
でも、今の現状が辛いからといって、もう材料が揃っているのに何もしないってどうなんですかね?
そして、なぜかもう一度浮気調査をしたがっている。。

じゃあ仮にね、その密会現場を押さえたとしましょうか。
その奥さん、どうすると思います?

たぶん、「何もしない」んですよ。理由をつけてね。
正確に言うと「何もできない」という方が正しいかもしれません。

結局、何が言いたいのかというと、この奥さんは戦略不足なわけですよ。
ただ単純に浮気現場を押さえて、感情のままに突撃したまではいいんですけど、その後の戦略までは考えていなかったんですよね。
自分の状況とか、子どものこととか、離婚後のことやもちろん慰謝料請求のこととかね。
自分で武器をゲットしたけれども、使い方がわからないし、使うのが怖いもしくは使った後が怖いという状況なんです。
だからもっと武器がほしいと。
不安で不安で仕方がないから、相手を責める材料をもっと欲しい、そうすれば私だって旦那や浮気相手に勝てるはずだと思っているんです。

ほんとはもう最初から重大な間違いを起こしていたんですね。
浮気現場に突撃というのは、もちろん稀にですけど、やった方がいい場合もありますが、基本やりません。
また、身寄りがないという状況も考慮せず、別居もできない状態、つまり突撃後も毎日旦那さんと顔を合わす状態が続くと。
そして毎日のように言葉の暴力を浴びつつ、いつ本当に殴られるかわからない状態となり、変な強迫観念みたいなものが植えつけられた結果、なにもできない。

この事例のように、みなさんも「浮気調査で証拠を押さえる」というのも重要ですが、トータル的な戦略を考えてからやりましょう。
大事なのは、調査後なんです。

なにせ、相手は既婚者であろうが平気で不倫する頭のネジがぶっ飛んだ奴らなんですから。
通常のやり方では通じない相手なんですよ。

だから、戦略が大事なんです。

そのためには、まずはプロに相談して下さい。
少なくとも、みなさんより経験も知識もあるわけですから、個々の状況とか調査後のこととかも見据えて、総合プロデュースしてもらわないと、今回の事案のような結果になりかねません。
ただでさえ、デリケートな問題ですからね。

ちなみに、その奥さんは相手に慰謝料請求をせず、当面の生活費と引っ越し費用だけを旦那さんからもらい、離婚したみたいです。
無理矢理、念書的なものも書かされたらしいですが。。。
念書の内容がどうあれ効力はなさそうなので、今からでも慰謝料請求だけでもすればいいんですけどね。
本当にもったいない話です。

調査依頼するしないにかかわらず、自分の場合はどういう戦略が必要なのか気になった方はお気軽にお問合せください。

 

 

 

 

 

みなさま、こんにちわ!
今日はタイトルにあるように一般家庭における不倫についての記事をご紹介します。

 

詳しくはこちらから!

私たちも仕事上、不倫や浮気現場を目にすることが多いのですが、意外と多いのが奥様、旦那様がいない間に相手を家に連れ込んでの不倫です。ここでは(矢口式)と呼ぶことにしておきます。
スリルが興奮に変わるのか、ホテル代を節約するためなのか、私たちにはわかりませんが、不倫調査に出たうちの約2~3割程度が矢口式不倫で、最初から矢口式なのではなく、時間と回数を重ねるに連れて大胆になり矢口式に移行していくようです。

まさかうちに連れ込むなんて、というのが普通の考え方だとは思うのですが、普通に考えたら、まず不倫自体をしないんですよね。

普通ならしないことをするんですから、先入観にとらわれず、浮気のサインを見逃さないようにお気を付けください!

 

では今日はこの辺で!

 

 

皆様、こんにちわ。

先日、市議会控室に盗聴器がしかけられていたとニュースになっていました。
市議会控室に盗聴器がしかけられていた。←こちらからニュース記事が読めます。

実は、日本の盗聴器の年間販売台数は約30万台から40万台と言われています。
さらに携帯のアプリを使ったものや、自作の機器を含めると恐ろしい数になりますよね。
また、技術の進歩に伴い、盗聴器の小型化や、カモフラージュ方法の多様化が進み、様々なところに色々な形の盗聴器が仕掛けられています。

会社の会議室や休憩室、一般の家庭にも仕掛けられていることも多く、仕掛ける側も、会社の場合、社員やライバル企業、一般家庭では元恋人やストーカー、まったくの他人であることもあります。

自分は大丈夫と思っている人が多いこともあり、仕掛かられたままの盗聴器が今でもみなさんのプライベートを外部へ垂れ流し続けています。

気になることがあればお気軽にお問い合わせを!

お問い合わせはこちらから

皆様、こんにちわ。
寝る前にネットサーフィンをしていたところ、気になる記事を見つけましたのでご紹介させていただきます。

浮気心が芽生えやすい年齢の共通点という記事だったのですが、読んでみるとなかなか的を得ていて納得させられました。

 

こちらから記事をご覧になれます。

 

大台前の不安感が浮気心を芽生えさせることもあるというのは、わからなくもないですね。

いつ、どのように浮気をするにしても、必ずと言っていいほど「きっかけ」があり、浮気が始まれば「サイン」がでています。

相手の心理状況を把握しておくことも、浮気防止には効果的かもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

みなさん、こんにちわ。

今日は「調査時にあると役に立つ情報とはどんな情報なのか」ということについて書かせていただきます。

どんな調査でもそうなのですが、事前に情報が多い方が調査がスムーズに進みやすく、料金的にもお安くなることになります。
では、どんな情報があればいいのかということですが、下記にあるような情報があるといいと思います。

調査対象者の情報(体格・服装・勤務先・別居先住所等)

調査対象者の写真(顔・全身)

移動手段(自家用車・社用車・バイク・徒歩・タクシー・電車・バス)

使用車種(ナンバー・色・駐車場の位置)

浮気をする曜日や時間帯(週末が多いのか平日なのか)

密会パターン(ラブホテル・相手の家・車内・旅行・別居中等)

浮気相手の情報(住所・勤務先・写真・移動手段・車両ナンバー等)

浮気相手とのメールやLINEでのやりとりの内容

ラブホテルのメンバーズカード、浮気相手と行った食事などの領収書

立ち寄り場所(行きつけの店・パチンコ店等)etc

その他にもどんな些細な情報でも、あればあるほど調査の計画も立てやすく、調査中の判断もしやすくなります。

もし、あなたが人探しや浮気調査等で探偵をご利用になる時は、このような情報が手元にないか一度ご確認ください!

 

 

今日は「探偵に依頼するタイミングはいつがいいのか?」ということについて書かせていただきます。

まず言えることは「できるだけ早く!」ですが、確証が持てずにいたりでどうしても遅くなってしまうことが多いようです。

では、迷っているときにやらない方がいい行動というのがありますので、その辺のご説明を。

1つは、「ご自身やご友人などで確認する」。これは避けていただきたいです。
確実に現場を押さえることができ、証拠も撮れれば問題ありませんが、ご自身で行く場合、顔が割れているというのが非常にネックになります。
友人も顔バレしていることが多くお勧めしません。
ご自身やご友人などと確認しにいってバレたのですが、なんとかできませんか?というご相談がたまにあるのですが、難易度が非常に上がり、警戒心が強くなっていることも多く、調査に時間がかかることが多くなります。

浮気の確証が持てない時には、GPSのレンタルで相手の行動を見てみるであったり、お試し調査を利用していただければ、負担も減るかと思います。

 

浮気でお悩みの方は是非一度、泉佐野市の探偵、RS総合探偵事務所へご相談ください。

 

皆様、こんにちは。

この間、依頼者様に「なぜ、泉佐野で探偵をはじめたんですか?」と聞かれました。
たしかに、大阪府の探偵は大阪市内や堺市より北側に固まっており、大阪南部に事務所を構えている探偵は、私が知る限り、非常に少ない状態です。

大阪南部にお住いの方が探偵に依頼するためには、わざわざ遠いところまで足を運ぶ必要があり、実際私が働いていた堺市の探偵事務所のお客様でも、なかなか時間がとれず思うように動けないという方がいました。

そこで、こう思ったんです。「遠くまで行くのめんどさいよねー、近くにあればもっと相談しやすくなるんじゃない??」

きっかけはただの思い付きです。

近くにあって助かったと言ってもらえることもありますし、通りがかったら看板があったのでとご相談に来られた方もいましたので、泉佐野市で探偵を初めてよかったなと思っています。

 

 

お気軽にご相談してください

「旦那の様子がおかしい。浮気しているのかしら」「なんだか最近、携帯ばかり気にしている」など、ご不安な事やお困りの事がありませんか?そんな時こそ探偵の出番です。日本最大手の探偵会社にて、長年経験を積んだ実績のある調査員が、ご依頼者様のお悩みを解決します。まずは無料相談であなたのお悩みをお聞かせください。
お電話での受付時間外のご相談は、メールかLINE@にてお受けいたします。こちらで確認でき次第すぐお返事させていただきます。

  • お電話でのお問い合わせはこちら
  • 無料相談はこちら

LINE@でもお問い合わせ可能です。

RS総合探偵事務所では、お手持ちのスマホから簡単にお問い合わせ・ご相談できるよう、LINEで直接お問い合わせいただけるようになっております。些細な疑問でもお気軽にお問い合わせください。

右のQRコードをスマートフォンのLINEアプリから読み取っていただき、友だち追加をしていただくことでお問い合わせいただけます。

  • 画面下部「その他」をタップし、「友だち追加」をタップ
  • 画面上部の「QRコード」をタップし、右のQRコードを読み取ってください。